『おっぱいマッサージって痛いの?』 葉っぱ助産院ようこ先生のおっぱいのはなしvol.3

『おっぱいマッサージって痛いの?』

葉っぱ助産院ようこ先生のおっぱいのはなしvol.3

「お産した時に受けたおっぱいマッサージがすごく痛かったので、びくびくしながら来ました。」

初めて当院に来られる時、どなたも少なからずこのように思っていらっしゃるようです。

『マッサージは痛いもの』

『つまっているんだから、開通させるためには痛いのは当たり前』

このように痛みを我慢してこそ、よくなるものと思われているかもしれませんね。

しかし、本当におっぱいマッサージは痛くなければ効果がないものなのでしょうか?

私の答えは「NO!」です。

逆に、本当はおっぱいマッサージは気持ちがよいものです。普通身体のマッサージに行くと、気持ちが良くなって寝てしまいますよね。本来はそれが「マッサージ」というもののはずです。

おっぱいマッサージを受けながら気持ちよくて寝てしまう、、、それが本来の姿なのではないでしょうか。

それなのに、なぜ「おっぱいマッサージ=痛い」というイメージがついてしまっているのでしょうか?

実は、私たち助産師はおっぱいマッサージを学校で一度も習っていないのです。私たちは形式的に「おっぱいマッサージ」という名の下におっぱいを触っていますが、それは自己流だったり、先輩の見様見真似だったり、「硬いからほぐす」的な要素が大きいのです。

私自身、助産師として病院やクリニックに勤めていた時にも、当たり前のように「おっぱいマッサージ」をやっていました。もちろん治そうと思って、それが正しいと思ってやっていました。

けれども、今考えると、きっと痛かっただろうな、かえって悪化させてしまったこともあるだろうな、と思います。それがわかったのは、おっぱいマッサージを専門的に学びに行ってからです。

私は元々乳房マッサージだけで独立したいと思っていたので、1年間乳房マッサージの勉強に行きました。そこでは「お母さんに絶対に痛い事をしてはいけない」と言われ、マッサージそのものも痛みのないものでした。

熟練した先生や先輩たちのマッサージを受けているお母さんたちは、楽しく会話しながら、時には寝息も聞こえる状態でした。「いたーい!!」と声が聞こえたこともあった今までとは全く反対の光景でした。

以前私の友人が言っていた「昔あるおっぱいマッサージを受けていたママさんが『気持ちいい~』と言っていた、その光景が忘れられない」というのは、まさにこういうことだったんだろうなと思いました。

ただ、技術の習得は本当に難しいものでした。1年勉強してもうまくいかない。果たして私は本当にマッサージできるようになるのかしら?

そんな不安の中必死に練習と経験を重ねたところ、いつの頃からか私がマッサージをしている最中にスースーとママさんの寝息が聞こえるようになってきました。その音を聞きながら1人でなんだか嬉しくなっています。

私も「痛くない」だけでなく、「気持ちがいい」と全員に言ってもらえるようなマッサージが早くできるようになりたいですね。