ミラ窓のママ・子供向けイベントレポート 2017年〜2018年 北九州、福岡のイベント

2017年11月に活動を開始したミラ窓。
この1年、さまざまなイベントを展開してきました。その内容をご紹介♪

 

 

九工大学内ベンチャー ロジコモンとのコラボ
キッズプログラミング体験

はじめてのプログラミングに子どもたちも真剣!
告知と同時にたくさんのお申込をいただき、親御さんのプログラミング教育への関心の高さを感じました。

 

 

ママのためのレゴ®シリアスプレイ®

こちらも、告知と同時に満席となったイベントです。
レゴブロックを用いて行うワークショップで、通常は会社組織におけるチームビルディングや、ビジョン研修などで利用されています。
進め方としては、まずファシリテーターが出したお題に対してレゴブロックで作品作りを行い、その後、作品をもとに参加者間で発表・対話を行う形となります。

 

ポイントとしては、作品という「中間物」をおくことで、話下手な方が話しやすくなったり、さまざまな意見が出てもそれが各参加者への直接的な意見とならずに、マイルドなコミュニケーションを行えるという点です。

 

「私、こんなふうに思っていたんだ」
「なるほど、そんな考え方もあるよね…」

 

レゴシリアスプレイを通して、自分でも気づいていない潜在意識や、対話による新たな気づきなどをたくさん得られたワークショップとなり、第二弾開催へのリクエストもたくさんいただきました

 

 

子どもの創造力を育むアート体験教室

こちらも、1回あたりの開催で少人数しか受け入れらないワークショップということもあり、すぐに満席となりました。講師の大浦先生のご厚意で、追加開催日を設けることにより、たくさんの方に体験していただくことができました。

 

「こんなに汚して!」というママのセリフはこの場では禁句。
いろんな道具を使ってダイナミックにオリジナルの世界を描く体験に、子どもたちもワクワクしている様子でした。これを機に、教室へ通いはじめたお友達もいましたよ。

 

 

キッズマネー教育第一弾

子どもの「金融教育」は、世の中的にも関心が高まっていますが、ミラ窓でも今後、力を入れていきたいと考えており、その第一弾を開催。
子どもとお小遣いについて話し合うきっかけとなる「おこづかいヒーローゲーム(すごろく)」を実施しました。

 

私たちの人生とは切っても切り離せない「お金」。
でも日本では、そのお金の教育をきちんと受ける機会がほとんどありません。そのため、お金に関する知識を子どもに教える自信がない…それが多くの方の本音ではないでしょうか?

 

「これはウォンツ?それともニーズ?」
本当に必要なもの、あるとうれしいものの違いを子どもたち自身が考えている姿に、子ども扱いせずにきちんと話し合っていくことの大切さを大人も学んだワークショップとなりました。

 

 

マルシェでお仕事体験

夏休み最後の週末にリバーウォーク北九州で開催したミラ窓主催のマルシェ。
ドン・キホーテ小倉店さまのご協力で、キッズブースを出店しました。

 

出店内容は景品が当たるゲームブース。
会計を担当する人、ゲームを説明する人、景品を渡す人と子どもたちで役割分担を決め、お店を運営しました。

 

お客さんが途絶えた時間には、「あっちまで行って、いらっしゃいませ!ゲームしませんか?って言ってる!!」と子どもたちがみずから、「宣伝」に走ることを提案してくれ、感激しました。こんなときはどうしたらいいのか?を教えなくても、子どもたちは自分たちで考えるチカラを持っているのですね。

 

そんな子どもたちをドンペン君がしっかりと応援。
最後までやり切り、感謝状とお給料を手にした子どもたちの笑顔が忘れられない夏の思い出です。

 

 

マルシェでお仕事体験 第二弾


北九州市立総合農事センターで開催した「ばら☆マルシェ」でもキッズブースを出店。
今回は事前勉強会も開催し、お店を運営するには、「家賃」「仕入れ」「お給料」などがかかることを学び、事前に役割分担も決めました。
事前勉強会をしたことで、当日のチームワークもよく、たくさんのお客さんに来てもらうことができました。

 

ミラ窓は今後も、学校とはまた違う学びの場を展開して行くことで、子どもたちにたくさんのお友達といろんな経験をしてもらいたい…改めてそう感じたイベントとなりました。


ばらマルシェでは、ドローン操縦体験もしましたよ。
興味深々なパパ、ママも多く、その場でAmazonにアクセス、トイドローンを購入された方も多数いました(笑)。

 

 

Bamboo road 竹楽器演奏会・キッズ演奏体験

 

人と自然が響き合いつながることをビジョンに掲げ、3年前に立ち上がった「竹凛共振プロジェクト」。竹害という社会問題を自然の恵みと捉え、クリエイティブで楽しいコミュニティーを作りたいと、創作楽器竹チェロ・竹ヴァイオリンによる演奏活動や竹楽器づくりのワークショップなどで、注目を浴びています。
その竹凛共振プロジェクトとともに北九州市立総合農事センターさんへ「Bamboo road 演奏会」をご提案、開催いただきました。

 

大自然と響きあうシンフォニーは、本当に感動的で、言葉にはできないものがたくさん込み上げてきました。
やはりこれからの時代にはスキルを身につけるだけでなく、自然や動物と共存し愛情を持つ心、芸術に触れて感動する心、身体を動かしたり歌ったりして自分を表現するなどの「心を豊かにする教育」の重要性が高まるのだと強く感じたとともに、ミラ窓の未来を想い描く時間となりました。

 

 

宇宙にジャンプ!VR体験ワークショップ

2018年最後のイベントは、ステモン北九州学研都市校とのコラボでひびきのマルシェへ出店。VR体験ワークショップを開催しました。
宇宙の世界観を体験できるVRに、子どもたちはキャーキャーと大はしゃぎ。ピタゴラ装置を作るライブ実験では、子どもたちひとりひとりがオリジナリティ溢れた装置をあっという間に組み立てていて、本当に感心しました。

 

イベント情報はミラ窓Facebookページにも公開しています。
https://www.facebook.com/pg/miramadofriend/events/


タグ: , , , , , , , イベント
一覧に戻る
百々美香

合同会社企画室M代表社員

ミラ窓代表

百々美香

合同会社 企画室M 代表 お茶の水女子大学卒業後、化粧品会社の営業職を経験し、広告業界へ。 結婚・出産を機にフリープランナーとなる。2016年春に東京から帰郷。 現在は北九州を拠点に、女性視点を活用したマーケティング、ブランディング企画、社内報などの企業の広報ツール制作の請負事業と並行し、未来を担う子どもたちへの人材教育を目指すママコミュニティ「ミラ窓」の代表を務める。